サッカー日本代表トレーナーの前田先生と精神科医の山口先生とのセミナー

タイトルが長くなってしまいした・・・笑

 

先日、セミナーをしてきましたおーっ!

久しぶりの登壇、うまくしゃべれるかな〜と緊張しておりましたが、なんとかやり遂げられましたぼけー

 

私のセミナーでは、

「スポーツ栄養の基本」と題して、

私がスポーツ栄養のセッションなどを行うときにまず大切にしていることを

お伝えさせていただきました。

 

本を買っても、何が一番大事なのか、優先順位がわからなくなりますよね〜!

 

もちろん、個人によってやることは違いますし、アドバイスもかわりますが、

基本的な土台の部分はブレません!!

 

やっぱり、もっとも土台となるのは「たんぱく質」の量ですね。

この話に関しては、またいつものことになってしまいますが、繰り返しブログでもお伝えできればと思っていますOK

 

今日は他の先生お二人のセミナーを聞いて、私の感想も交えてシェアしていきたいなと思っています。

 

***

まずは慶応大病院の精神科医である山口達也先生のお話。

 

「アスリートは心も体が強い」

これがなぜか一般的な考え方になっていて、なんとなく当たり前になっている風潮があるといいます。

そのせいで、メンタルのケアができるような体制が整っておらず、

たとえトップリーグのチームであっても、トップの選手であっても、です。

海外でも、日本でもいえること。

海外のトップチームへ移籍した日本の選手でも、

環境の変化からメンタル的な体調を崩してしまう人も多い中、誰にサポートしてもらえるの?という問題も浮上しているみたいです。

ジュニアのうちから、自分自身でメンタルコントロールができるように指導を受けているだけで、

違ってくるのでは、とお話もされていました。

体のことももちろんですが、今強くなってきている日本の選手を見ていても、

トップを争う人であればあるほど、メンタルが重要だなと感じますよね。

世界水泳を見てても、メンタルの話がよく出てきましたよね〜!

 

私もいちスタッフとして、メンタル面に関して学んでおくべきことはあるなと感じました。

専門家に任せるところはお任せしないとうーん

 

***

そして、サッカー日本代表トレーナーの前田弘先生のお話。

 

こちらはもう、豪華で!強烈なセミナーでした笑

サッカー日本代表選手の様々な写真や動画を見せていただき、

選手たちがどんな風に活動をして、どんな心意気でのぞんでいるのかなど

貴重なお話をたくさんしていただきました。

オシム監督との出会い、考え方の共有をしていただき、前田先生がそこから学ばれたこともシェアしていただいて、本当に勉強になりました。

 

その中で、本田圭佑選手にインタビューをしている動画がとっても印象的だったので、

その中の一部を私の言葉で紹介させていただきます。

 

(このセミナーの次の日にあった選手とお母さんとのセッションで、どうしても伝えたくて熱く語ってしまいました!!笑)

 

・「行動」を変えるということの大切さ

 心が変われば行動が変わる。

 行動が変われば習慣が変わる。

 習慣が変われば人格が変わる。

 人格が変われば運命が変わる。

 

この言葉を例に、毎日の一つの自分の「行動」を変えれば、最終的に運命を変えることができる、と本田選手は言います。

コンディションを整えるには、①トレーニング(練習)②食事(栄養)③睡眠(休養)が重要。それだけ。とあっさり。笑 

当たり前のことを当たり前に実践できている人の言葉だと、ずっしりくるなぁと。

その中で、毎日やってしまっているよくない習慣を、いい習慣に変えるだけでも、運命にたどり着く手段になるかもしれないと。

染みる言葉でした。

 

私も大好きなマザーテレサの言葉にこうあります。

「言葉に気をつけなさい、それはいつか行動になるから。行動に気をつけなさい、それはいつか習慣になるから。習慣に気をつけなさい、それはいつか性格になるから。性格に気をつけなさい、それはいつか運命になるから」

一緒ですね!!口に出す言葉から、まず変えていくこと。いい言葉だなぁなんてわかっていても、なかなかできないのが、人間です滝汗

私も一人の人として成長していかねばと思う毎日ですちょうちょ

 

・成長期に冷静に自分を分析する力

本田選手は、中学生のときにうまくいかなかったことが多かった、と言います。

いろいろなところが成長期で、自分の体をコントロールできなかった。

みんな、そういうことがあると思います。

そのときに、「自分には才能がない」と思ったり、途中で夢を諦めてしまうことが多い、と。

でも、それは実は、才能がない、わけではないのかもしれない。

ただ、そのときの自分に合ったトレーニングや栄養の取り方ができていないだけかもしれない。

今ではない時期のことをやってしまっているのかもしれない。

今は、情報社会でスマホもいじれるんだから、自分の体の状況をとことん調べたり、人に聞いたりして、

冷静に自分を分析してみるのがいい。と。

何か打開策がみつかるかもしれないから、簡単に夢を諦めないでほしい、と言っていました。

 

そしてもう一つ、印象に残っていたのが、

例えばサッカーで成功しなかったからと言って、人生に失敗したわけなんかではない。

世の中にはたくさんのすばらしい職業があるから、その中での夢を叶えられるように、

努力していってほしいと言っていました。

すばらしいですよね。。ほんとにそう思います。

 

・最高なひとつの「方法」は見つかっていない

コンディションを整えて、最高のパフォーマンスを発揮するからだを作るためのベストな「方法」は、

そのときの自分の成長だったり、状況だったりに合わせて、そのときの「ベスト」を模索して選択してきている。

だから、これが一番良かった、ということやこの方法を何年もずっと続けている、ということはない。

年をとるにつれて自分の体も変わってきているはずだから、

それに応じても、そのときの「ベストな方法」を常に求めて、実践している。

だから、これ、という答えは見つかっていない。

 

この考え!

やり方ばっかり探して、効率の良さばかりを求めている若いアスリートたちに伝えたい。。。笑

自分にとってのベストなやり方を、試行錯誤を繰り返して常にアップデートして、

自分の体と心、そして環境にも向き合って考えていかないといけないと私も考えています。

 

その中でどうサポートしていくか。だからこそ私も学びを止めてはいけないし、

選手と共に常にアップデートしていく必要があると感じています。

 

選手から学ぶこと、本当に多いです。

 

 

前田先生がずっとトレーナーという仕事を続けている理由は、

選手から夢をもらっているから、と。

選手の夢に少しでも貢献できることが、自分の幸せでもあるといいます。

 

スポーツを仕事にするというのは、キラキラしているようで地道な世界。

 

努力した後の達成感がたまらない。前田先生に比べたらまだまだすぎる私ですが、

恐縮ながらとっても共感させていただきました。

 

 

***

スポーツ関係のセミナーは、また今後も継続して開催させていただく予定ですので、

そのときはぜひお越しくださいね。

 

セミナーレポでした^^

 

 

私もこんなの書いてました!笑

スポーツ栄養士でいる理由

 

よければお読みください〜グリーンハーツ

 

 

先生方、主催してくださった江戸川病院の先生方、上村先生、岩本先生、ありがとうございましたキラキラ

 

 

 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中