産後の食事。

管理栄養士、スポーツ栄養士のそのべひろみです。

ご無沙汰してしまいました!
こどもが産まれて、育児を楽しんでおります^^

先日、1ヶ月を迎えて、すくすく成長しています♩

今日は、妊娠・出産を経験して新たにパワーアップしていますので😚
それらの食事、特に私の産後の食事に関して書いていきたいと思います。

どんな人も赤ちゃんのときからの食事はとても大切ですよね!

産後といっても、いつも私がお伝えしている食事と基本、仕組みは同じですが✨
母乳育児をしていく上では、より母の食事を意識していきたいですね🍼

母乳には、ミルクにはない赤ちゃんが免疫をつけるために大切な成分が入っているので、
完全母乳を絶対に!ということは言いませんが、赤ちゃんにはぜひ母乳は飲ませてほしいなと思っています。

最近は、暇じゃないけど暇なので(産後あるある)、
ごはんばっかり、作っています(^o^)

産後、しっかり食べているので母乳が出る出る…!!!

母乳1回で45分のエクササイズだとか、
1日の消費カロリーが10k走るのと同じだとか、
聞きますよね。

ほんとーおなかすくんです。
こりゃ食べてなかったら痩せちゃう。
産後はからだもボロボロだし、準備するの大変だからといって、パンやお菓子で済ます、なんてしちゃったら栄養がどんどんとられていく…。

そして、栄養が足りずに産後うつに…という流れかな💧

逆に太ってしまう人、産後に体型が戻らない人は、

食事量ではなく、食事の質が問題です!

これは日頃わたしがサポートしている、減量・ダイエット目的の方と同じ。
種類・質が問題なのであって、量はしっかり食べてほしいのです。

甘いものばっか食べてつないでませんか?
それじゃ赤ちゃんも夜泣きしてしまう、、

2人目、3人目のお子さんの場合は更にお母さんの栄養が減っている可能性が高くなるので、注意が必要です。

とくに、鉄不足は自閉症やADHDの発症につながるともいわれています。
妊娠出産などで失われるフェリチンは50〜60といわれていますので、
健康的にこどもを産みたいのであれば、必然的に妊娠前から必要なフェリチンの値がわかりますよね。

フェリチンについてはこちら。

とはいっても、大体の人はフェリチン80以上あるなんて人はほぼいないのが現状です。

だから、つわりも、産後うつも、その他出産に関する問題が起こるのかなと…。

今回は、こーゆー食事がいいよ!というものをお伝えするのではなく、

わたしが実際に、産後の食事で気をつけている&自然とこういう食事になってるよーということを紹介していきますね。

・たんぱく質は必ず毎食、たっぷりとる。
(肉、魚介類、卵、大豆製品を1日で全てとる。すごい時は一食で全部ありますw)
・魚介類を肉以上に毎日食べる。(オメガ3の強化)
・旬の食材を食べる。
・3食+補食を2回ほどとる。
・おやつ(補食)は市販のお菓子などではなく、おにぎりやゆで卵、プロテイン入りパンケーキなどにする
・できるだけ規則的な時間に食べる。
・乳製品は控える。
・卵は質のいいものを。
・小麦は毎日とらないように心がける。
・砂糖(白砂糖を使ったお菓子)は極力控える。
・カフェインは控える!
・発酵食品は毎日とる。(ヨーグルト、キムチ、チーズはほぼ食べません。日本の発酵食品を✨)

などです。

上記は、わたしの場合、です。

カフェインに関しては、コーヒーを2日連続で飲んだ時、👶のおっぱい欲しがり度合いがすごくて。

カフェインが効きすぎると、大人でもなんだか不安になったり、
興奮して情緒不安定にもなりがちですが、
それが赤ちゃんだと如実に出てしまった感じで。

母乳の質がダイレクトに影響するなと感じています。

これも、わけわからず泣いている〜!?という時もあるかもしれないけど、
赤ちゃんの様子を敏感に感じてあげて、自分の食生活やストレス、環境などを振り返ってあげると、
ギャン泣きする時は何かしら共通点があるんじゃないかなと思います。

まだまだ新人母ですが、
たくさんの人からアドバイスをいただいて、
いろんなことに楽しんで育児をしていきたいと思います^^

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中