まだカロリー0を選んでるの??

管理栄養士、スポーツ栄養士のそのべひろみです😊

***
スポーツ栄養セミナー、2月でしばらくお休みしてしまいます~!!
最後かもしれないセミナーは、こちらから。
***

パフォーマンスアップのための食品の選び方、商品の見極め方ということで、

前回は、砂糖、果糖はコンディショニングに影響する?を書きました。

砂糖(特に精製された白砂糖類)は、簡単に口に入る機会が多くて、

意識していないと、気付かぬうちに、甘いもの依存になってしまっていることが多いんですよね。

そして、これまた多いのが、

よくわかってはいないけど、甘いものとりすぎは良くないだろうから、

「カロリー0」「ダイエット〜」みたいな、

砂糖ではなく、甘味料を使った商品を選んでとっている!…という人。

甘味料を容易くとっていたら、さらにアブナイ可能性があります!

甘味料は、天然甘味料と人工甘味料がありますが、

いろいろな種類があって、それぞれ糖度は違いますが、

大体は砂糖の何十倍〜何百倍の糖度があります。(同じ量に換算すると)

そのため、安価に甘みがつけられます。

そして、カロリー0とはいえ、血糖値が上昇したり、体重や血液データにも変化がある(肥満と同じような傾向)という研究もあります。
(Jotham Suez Tal Korem David Zeevi Gili Zilberman-Schapira Christoph A. Thaiss Ori Maza David Israeli Niv Zmora Shlomit Gilad Adina Weinberger Yael Kuperman Alon Harmelin Ilana Kolodkin-Gal Hagit Shapiro Zamir Halpern Eran Segal & Eran Elinav
Nature aop, (2014) | doi:10.1038/nature13793.)

メカニズムとしてはまだはっきりしていないようですが、
たとえカロリー0だとしても、「甘み」を脳が反応して、糖質をとった時と同じようなホルモン分泌を行うのでは?

と見解しています。

少し難しく書きましたが、

つまりは、砂糖の代わりに甘味料にしたとしても、

太るかも
血糖値が上がるかも

砂糖をとった時と変わらない症状が起こるかも

しれないということです。

プラス、甘味料の害もこうむります😨

甘味料の害に関しては、また明日!!

***
スポーツ栄養セミナー、2月でしばらくお休みしてしまいます~!!
最後かもしれないセミナーは、こちらから。
***

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中