スムージーを監修しました!

管理栄養士、スポーツ栄養士のそのべひろみですくちびる

 

横浜・馬車道のトレーニングスタジオ「リストーナ」にて、

 

トレーニング後にお客様にご提供できるスムージーを監修いたしましたニコジュース

 

スムージーといえば、糖質がたっぷり。。。それはもう、過剰なものが多い滝汗

 

でも、うまく作れば、野菜やフルーツ、ナッツやミルク系の栄養素を素早い吸収ができる状態で

取り入れることができる利点もあります。

 

トレーニング後の栄養補給には、作れるもんなら(笑)もってこいだと思います!

 

実際、私がサポートしている選手には、

トレーニング後の栄養補給のアドバイスとして、

とってほしいものはあるけど、それに加えて「手軽さ」「続けやすさ」も重要なポイントです。

 

なので、野菜やフルーツを切ったり、1食分を作るのが面倒だったり、材料が残ってしまったり、

作り置きできないというスムージーは、ほぼオススメしていません笑

 

でもでも、作れるもんならいろいろな種類の食材の栄養素を取り入れられるし、

液体になっているので胃腸に負担をかけずに、

吸収されやすい状態になっているという、とってもトレーニング後には向いていると考えています。

 

なので、自分では作れない、こだわったスムージーをご提供できるように考えましたニヤリ

 

基本的には、トレーニング後は糖質を適度に摂取した方が良いと考えられていますが、

糖質制限をしながら脂質でエネルギーを作り出し、体脂肪をしぼる時期の方も中にはいらっしゃるかと思います。

(私は、運動をする人は、目的(その時期)によって糖質中心と脂質中心の食事は分けるべきだと考えています。)

 

そこで、糖質と脂質のバランスを考えて、スムージーを作成しました。

たんぱく質は必ず強化したいところですが、

プロテインドリンクもあるため、たんぱく質は強化しているものとしていないものがあります。

 

数ヶ月前から試作を重ねてきて、適度な糖質であっても(過剰な糖質でなくても)、

おいしいスムージー!を目指し、今月から新スムージーが販売されています。

 

トレーニング後直後はからだが一番栄養を欲していて、吸収される状態。

その時に、即時に質の良い、栄養がととのっているスムージーで栄養をからだに沁み渡らせてあげてください照れ

 

スムージーのページはこちら

詳しいことは、今後HPに随時更新されていくようですグッ

 

のぞいてみてくださいねお願い

 

リストーナHP

 

 

広告

サッカー日本代表トレーナーの前田先生と精神科医の山口先生とのセミナー

タイトルが長くなってしまいした・・・笑

 

先日、セミナーをしてきましたおーっ!

久しぶりの登壇、うまくしゃべれるかな〜と緊張しておりましたが、なんとかやり遂げられましたぼけー

 

私のセミナーでは、

「スポーツ栄養の基本」と題して、

私がスポーツ栄養のセッションなどを行うときにまず大切にしていることを

お伝えさせていただきました。

 

本を買っても、何が一番大事なのか、優先順位がわからなくなりますよね〜!

 

もちろん、個人によってやることは違いますし、アドバイスもかわりますが、

基本的な土台の部分はブレません!!

 

やっぱり、もっとも土台となるのは「たんぱく質」の量ですね。

この話に関しては、またいつものことになってしまいますが、繰り返しブログでもお伝えできればと思っていますOK

 

今日は他の先生お二人のセミナーを聞いて、私の感想も交えてシェアしていきたいなと思っています。

 

***

まずは慶応大病院の精神科医である山口達也先生のお話。

 

「アスリートは心も体が強い」

これがなぜか一般的な考え方になっていて、なんとなく当たり前になっている風潮があるといいます。

そのせいで、メンタルのケアができるような体制が整っておらず、

たとえトップリーグのチームであっても、トップの選手であっても、です。

海外でも、日本でもいえること。

海外のトップチームへ移籍した日本の選手でも、

環境の変化からメンタル的な体調を崩してしまう人も多い中、誰にサポートしてもらえるの?という問題も浮上しているみたいです。

ジュニアのうちから、自分自身でメンタルコントロールができるように指導を受けているだけで、

違ってくるのでは、とお話もされていました。

体のことももちろんですが、今強くなってきている日本の選手を見ていても、

トップを争う人であればあるほど、メンタルが重要だなと感じますよね。

世界水泳を見てても、メンタルの話がよく出てきましたよね〜!

 

私もいちスタッフとして、メンタル面に関して学んでおくべきことはあるなと感じました。

専門家に任せるところはお任せしないとうーん

 

***

そして、サッカー日本代表トレーナーの前田弘先生のお話。

 

こちらはもう、豪華で!強烈なセミナーでした笑

サッカー日本代表選手の様々な写真や動画を見せていただき、

選手たちがどんな風に活動をして、どんな心意気でのぞんでいるのかなど

貴重なお話をたくさんしていただきました。

オシム監督との出会い、考え方の共有をしていただき、前田先生がそこから学ばれたこともシェアしていただいて、本当に勉強になりました。

 

その中で、本田圭佑選手にインタビューをしている動画がとっても印象的だったので、

その中の一部を私の言葉で紹介させていただきます。

 

(このセミナーの次の日にあった選手とお母さんとのセッションで、どうしても伝えたくて熱く語ってしまいました!!笑)

 

・「行動」を変えるということの大切さ

 心が変われば行動が変わる。

 行動が変われば習慣が変わる。

 習慣が変われば人格が変わる。

 人格が変われば運命が変わる。

 

この言葉を例に、毎日の一つの自分の「行動」を変えれば、最終的に運命を変えることができる、と本田選手は言います。

コンディションを整えるには、①トレーニング(練習)②食事(栄養)③睡眠(休養)が重要。それだけ。とあっさり。笑 

当たり前のことを当たり前に実践できている人の言葉だと、ずっしりくるなぁと。

その中で、毎日やってしまっているよくない習慣を、いい習慣に変えるだけでも、運命にたどり着く手段になるかもしれないと。

染みる言葉でした。

 

私も大好きなマザーテレサの言葉にこうあります。

「言葉に気をつけなさい、それはいつか行動になるから。行動に気をつけなさい、それはいつか習慣になるから。習慣に気をつけなさい、それはいつか性格になるから。性格に気をつけなさい、それはいつか運命になるから」

一緒ですね!!口に出す言葉から、まず変えていくこと。いい言葉だなぁなんてわかっていても、なかなかできないのが、人間です滝汗

私も一人の人として成長していかねばと思う毎日ですちょうちょ

 

・成長期に冷静に自分を分析する力

本田選手は、中学生のときにうまくいかなかったことが多かった、と言います。

いろいろなところが成長期で、自分の体をコントロールできなかった。

みんな、そういうことがあると思います。

そのときに、「自分には才能がない」と思ったり、途中で夢を諦めてしまうことが多い、と。

でも、それは実は、才能がない、わけではないのかもしれない。

ただ、そのときの自分に合ったトレーニングや栄養の取り方ができていないだけかもしれない。

今ではない時期のことをやってしまっているのかもしれない。

今は、情報社会でスマホもいじれるんだから、自分の体の状況をとことん調べたり、人に聞いたりして、

冷静に自分を分析してみるのがいい。と。

何か打開策がみつかるかもしれないから、簡単に夢を諦めないでほしい、と言っていました。

 

そしてもう一つ、印象に残っていたのが、

例えばサッカーで成功しなかったからと言って、人生に失敗したわけなんかではない。

世の中にはたくさんのすばらしい職業があるから、その中での夢を叶えられるように、

努力していってほしいと言っていました。

すばらしいですよね。。ほんとにそう思います。

 

・最高なひとつの「方法」は見つかっていない

コンディションを整えて、最高のパフォーマンスを発揮するからだを作るためのベストな「方法」は、

そのときの自分の成長だったり、状況だったりに合わせて、そのときの「ベスト」を模索して選択してきている。

だから、これが一番良かった、ということやこの方法を何年もずっと続けている、ということはない。

年をとるにつれて自分の体も変わってきているはずだから、

それに応じても、そのときの「ベストな方法」を常に求めて、実践している。

だから、これ、という答えは見つかっていない。

 

この考え!

やり方ばっかり探して、効率の良さばかりを求めている若いアスリートたちに伝えたい。。。笑

自分にとってのベストなやり方を、試行錯誤を繰り返して常にアップデートして、

自分の体と心、そして環境にも向き合って考えていかないといけないと私も考えています。

 

その中でどうサポートしていくか。だからこそ私も学びを止めてはいけないし、

選手と共に常にアップデートしていく必要があると感じています。

 

選手から学ぶこと、本当に多いです。

 

 

前田先生がずっとトレーナーという仕事を続けている理由は、

選手から夢をもらっているから、と。

選手の夢に少しでも貢献できることが、自分の幸せでもあるといいます。

 

スポーツを仕事にするというのは、キラキラしているようで地道な世界。

 

努力した後の達成感がたまらない。前田先生に比べたらまだまだすぎる私ですが、

恐縮ながらとっても共感させていただきました。

 

 

***

スポーツ関係のセミナーは、また今後も継続して開催させていただく予定ですので、

そのときはぜひお越しくださいね。

 

セミナーレポでした^^

 

 

私もこんなの書いてました!笑

スポーツ栄養士でいる理由

 

よければお読みください〜グリーンハーツ

 

 

先生方、主催してくださった江戸川病院の先生方、上村先生、岩本先生、ありがとうございましたキラキラ

 

 

 

合宿所なのに食事が・・・

夏はアスリートたち、合宿や遠征が多い時期ですね!

 

私がサポートさせてもらっているアスリートたちも合宿または試合三昧です。

 

そこで今日問題にしたいのが、

合宿所の食事・・・!!!

 

合宿所と言っても、普通のお宿でアスリートの合宿も受け入れてますよ〜ってくらいなのかもですが。

 

もう、もう、ひどいところが多いチーン

 

選手のことを考えて、はいてくれているのかもしれないですが、

その方向性が間違っていますゲロー

 

 

数ある合宿所でみてきた中で、多いのが、

 

朝から揚げ物(冷凍のクリームコロッケとか)。そしてハムやウインナーの加工肉はほぼ必ずついてくる。

昼は、炭水化物×炭水化物。たんぱく質がまじでない。そして単品料理がほとんどなため、野菜もない。あってもレタス。

夜は、昼と反対に、たんぱく質のオンパレード。刺身とハンバーグとすき焼きと冷奴、みたいな。。ありがたいけど、昼に1品まわしてくれ〜滝汗

 

例えば朝ごはん↓(写真は、ボカしてます。あしからず。)

ごはんOK

焼き鮭OK

キッシュ!→うーん

クリームコロッケ!!→言うまでもない

レタス、キャベツもやもや→トマトかブロッコリーもお願いしたい

しらすおろしグッ

カルシウムヨーグルト(もちろん加糖)もやもや→うーん

韓国のり!→朝から油多いな!

牛乳もやもや

ごぼうときのこ?の煮物(たぶん出来合いのお惣菜)OK

みそ汁グッ

バナナOK

 

例えば昼ごはん↓

※鯖缶、チーズは自前。

 

ラーメンとかな〜。。喜ぶという偏見。

きつい練習のあとラーメン出てきたらしく、食欲わかなくて食べられなかったとのこと。

せめてうどんにしてくれ。笑

 

例えば夜ご飯↓

チキン、海鮮鍋、鮎かな?、レバーの揚げ物、厚揚げ、卵サラダなど

 

おーい、こりゃお金かかってるな!

肉と魚は、1品ずつあれば十分です。ありがとうございます滝汗

そこの予算を、どうにか昼にお願いお願いお願い

 

 

ジュニアの合宿の朝ごはん↓

うーん、うーん、うーーーーーーん。。。。。

 

ジュニアの合宿の夜ご飯↓

 

ポーンポーンポーン

ため息。。。

子どもが洋食オンパレードが好きだという大人の偏見。。

栄養偏りがすごい!

噛まなくていいものばかり。

1年に1、2回の食事ならいいんですが。

疲れた体を癒す食材が見当たりません。

そして出来合い感。笑 添加物のオンパレード笑い泣き

 

(ダメだしひどくてすみません。。。)

 

 

合宿所の方、選手のためのご飯を提供してくれたら、もっと毎年予約が殺到すると思うので、

ぜひご連絡くださいショボーン

 

 

油もね、酸化しているだろうサラダ油を使った料理や、

冷凍食品の揚げ物が出てくることもたくさんあるでしょう。。

 

酸化した油は、体へのダメージも大きいです。

炎症を促進します。つまり、ケガや体調不良を助長します。

 

合宿に行ったら肌が荒れた。便秘になった。腸の調子が悪い。なんだか疲れる。(練習がきついだけなのか?)ショック

そんな症状が出たら、油の質が悪いかも。

合宿から帰ってきたら体調を崩した、とかね。

合宿中は楽しいし、アドレナリン出てるから、短期の合宿くらいの中じゃ体調は崩さないでしょうが。

 

 

それでも、もう合宿に行っちゃったら、エネルギー不足になるくらいなら食べないといけない。。

 

 

ということで、こんな時もあろうかと!できる限りの事前準備が大切です。

 

 

私が選手に持参してもらうように勧めているもの

・たんぱく質の食品

→魚(サバやさんま、ツナなど)の缶詰、プレーンヨーグルト、無調整豆乳、チーズ

・補食にできそうなもの(食欲がわかないときや、練習内容によって食事の時間がずれてしまった時などにも使える)

→干し芋、ナッツ、カカオ高めのチョコレート、アーモンドフィッシュ

・オメガ3の油

→亜麻仁油、えごま油

 

あと、サプリメントでも補います。

調理ができるのか、冷蔵庫はあるのか、など確認します。

 

あとは、ジュニア選手の場合は、大部屋が多かったりするので、

その場合は、乾いたおやつのみになってしまうかな・・。指導者への持ち込み確認もしないとです。

 

ジュニアの合宿は、みんなでおやつを持ち寄って(指導者がおやつパーティーしたがるなんて話も聞きます)スナック菓子や甘いお菓子を分け合うなんてこともあるみたい。

 

本当に、強くなりたいなら、チームから食事の改善を!!!!!

 

 

あ、今月の30日に、スポーツキッズ達が少しでも体の悩みが少なくなるようにと設立した団体で、

セミナー講師をさせていただきます。

告知遅すぎてすみません^^;

 

まずは第一回ということで、かなり基礎的なお話をしますが、

指導者や保護者、スポーツに関わるすべての人へ聞いていただきたいですおーっ!

 

私の他のお二人が、豪華な面々・・・!!

メンタル部門に、慶應義塾大学医学部 精神神経科の山口達也先生!

トレーニング部門に、日本代表サッカーチームアスレチックトレーナー前田弘先生!

 

今から私も楽しみ!

 

まだ席は空いている・・・と思いますので、ぜひお問い合わせください〜!

詳細はこちら

 

13:00~17:30

場所:慶應義塾大学医学部 信濃町キャンパス

一般3000円、学生500円!

学生さん、お得すぎますよー!

 

お会いできるのを楽しみにしていますラブラブ

 

 

 

 

 

 

手作りスポーツドリンクの作り方。

いつもアスリートにおすすめしている手作りスポーツドリンクの作り方、載せておきますニヤリ

 

・水・・・500ml

・自然塩(ぬちまーすがおすすめ)・・・小さじ1/4

(ぬちまーすのような粉状だと小さじ1/3)

・レモン汁・・・大さじ1

・はちみつまたはココナッツシュガー・・・大さじ1〜2

 

普段、常に飲むドリンクにするならば、はちみつなどの糖分はない方がいいです。

 

甘みは、白砂糖ではなく、

ミネラルがたっぷりなはちみつやココナッツシュガーをおすすめしています。

砂糖や塩は精製されたものではなく、

ミネラルが豊富なものをチョイスしましょう。

 

参考までに私が甘味料として使っているのは、

・はちみつ(できるだけ生(非加熱)のものを。)

・ココナッツシュガー

・たまに沖縄で買ってきた黒糖

・味の母(みりん)

・たまにメープルシロップ(もうほぼ使わないですが。。)

・羅漢果糖(0カロリーの天然甘味料)

 

このあたりかな。

料理にもこれらを使います。

 

肉を柔らかくしたり、味にがつんと甘みをつけたいなというとき(きんぴらごぼうとか)は、

黒糖を使ったりしています。少量なので、もったいなさも特になく。

料理の甘みづけは、基本「味の母」。

ほかの甘みは、おやつ作りやパンにつけて食べるとか、飲み物にちょっと入れるとか、ですかね食パン

 

 

あと、風邪のときもこのドリンクはめちゃくちゃオススメ!!!

 

スポーツドリンクは、いくら暑い日でも、いくら長い距離を走った後でも、風邪をひいていても、熱が高くても(なおさら)おすすめしません。

 

スポーツドリンクには、500mlに約25〜30gの糖質が含まれています。

砂糖に換算すると、スティックシュガー5gが5〜6本分。

 

上記に示した手作りドリンクは、はちみつ大さじ1で糖質16.7g。

 

この糖質の量の多い少ないは、運動しているのであれば多くてもそこまで問題はないのですが。

 

実際一番の問題なのは、よく飲むドリンクであるならばより気にしてほしい、質の問題。

 

市販されているスポーツドリンクの糖分の大体は、

「果糖ブドウ糖液糖」です。

 

原料はとうもろこしなどからできているのですが、こちらは遺伝子組換えの有無の表示義務はありません。

(ということは大体・・・)

 

急激に血糖値をあげ、ホルモンバランスを乱して、心の安定や集中力を下げてしまう可能性もあるでしょう。

 

特に、お子さんのスポーツ時には飲ませたくない、果糖ブドウ糖液糖入りの飲み物ですえーん

あとは、添加物もたっぷり入っているものが多いですよね。

化学的なものが入っていれば入っているほど、解毒するのに力を使うので、

肝臓に負担をかけることも。肝臓は、疲労を回復するときにもフル稼働するので、

余計なものを食べたり飲んだりしてしまうと、そっちの解毒に手一杯で、疲労をとる役割まで手がまわらないということも。

 

最後の最後で勝ちたい、

パフォーマンスをあげたい、

スポーツで酷使した体→病気や怪我に繋がらせたくない

 

食べ物の質ってどこまで気にしたらいいの!?

なんてよく聞かれますが、できるだけ、入っているものが何なのかは把握しておきたいですよね。

 

ときには、外食や旅行で乱れることがあってもいいと思います。

楽しい友達の時間とかね。

でも、それをとったらどうなるのか、とっているものは一体何者なのか!

ということには目を反らさずに、自分のからだやこどものからだに目を向けてあげることをしてほしいなと思っていますニコ

 

その辺りのコツや、

こだわりすぎて嫌になっちゃわないような手の抜き方を(笑)

教えていきたいなーと思っていますねー

 

ここ最近、こどもとの日焼け対策にビタミンCウォーターを寝る前に飲んでいるわたしでした。笑

こだわりのサプリたちもいつか紹介したいと思っています〜。

 

今すぐ知りたい方は、パーソナルサポートをご利用くださいね!笑

 

先週誕生日でした!

いただいたワイングラスで乾杯!

中身はビール。笑 大好きなヒューガルデン。

でも、まだ飲めないので、舐める程度に一口だけいただきました。

 

誕生日ディナーは、

牛肉づくし。笑ステーキ

 

旬の夏野菜(水ナスとか、枝豆とか!)もたーっぷりで、大満足でした。

下手に外食するより、やっぱりおうちで食べた方がいいな!と思えるような食卓を目指していますウインク

補食に!かぼちゃの米粉パンケーキ

今日はこどものおやつに作ったかぼちゃのパンケーキの紹介を。

だいぶお気に入りだったので、覚書メモ。

大人にも、無糖で補食向き!

 

{531B748E-6CE9-4CAE-BE82-595F0078FA20:01}

かぼちゃ200gを蒸して、つぶす。米粉大さじ4と卵1個、牛乳(低温殺菌)60ccをまぜまぜ。

ギー(なかったらバターか、もしくはテフロンのフライパンなら油ナシでも)をフライパンに熱して、生地を焼く。

簡単おいしー。かぼちゃ蒸したからか、結構甘い。

弱火でじっくり焼くとキレイに焼けます🍳

そして、

2人目産まれました🙌

{E868AD9F-AE96-46D4-8270-B76376080955:01}

というのはもちろん冗談でして(笑)、

お友達のお子♂に会いに行ってきました👶

生後27日♡♡

かわいすぎる!

ちっこいなー。愛しいなー。

新生児が恋しくなってきた産後1年3ヶ月。

それではまた👋


	

味の母

みなさん、「味の母」は知っていますか??ウインク

 

味の母はみりんとして使える調味料です^^

↑こちらの右側。

 

埼玉県狭山市の味の一醸造株式会社の作る、醗酵調味料。

 

HPから抜粋すると、「味の母」と「料理酒」と「本みりん」の違いは、

 

種類 原料・製法
味の母 米と米こうじで「もろみ」を醸成し、糖化をさせて食塩を加える。
料理酒 日本酒と同じく、米と米麹を原料に糖化と醗酵を同時に行う。甘味は少ない。
本みりん 焼酎にもち米と米こうじを加え糖化させる(酵母による醗酵過程が無い)
とのこと。
みりんとお酒、両方を兼ね備えた調味料です。
わたしは、みりんは使わず、この味の母をみりんとして使っています^^
煮物などで、みりんとお酒と両方使うときは、レシピのみりんの量に合わせて味の母のみ使用。
ただ、酒だけを使うときは、代わりにならないので(甘みがあるので)お酒は別にあります。
そのまま飲んでも美味しい!
私は基本的に、調味料でお砂糖はほとんど使わないので、甘みはみりんがだいたいなのですが、
この甘みを味の母にお願いしちゃっています。
砂糖が絶対よくないわけではないのですが、食事に甘みってあまり必要ないなと。
砂糖がなくても、全然美味しいですよー!!
ここで糖質に関して少し詳しくウインク鉛筆
甘みは、糖質です。
糖質の最小単位は「単糖類」といいます。
主要なものとしては、ブドウ糖や果糖があります。
ブドウ糖・・・果物、植物の根、コーンシロップなど
果糖・・・果物、はちみつなど
単糖が2個つながったものを「二糖類」といいます。
砂糖(ショ糖)、乳糖、麦芽糖などがよく知られています。
ショ糖・・・果物、はちみつなど
乳糖・・・牛乳、ヨーグルトなど乳製品
麦芽糖・・・穀類が発芽するときにでんぷんが分解されて作られる
単糖と二糖をまとめて「糖類」とも呼びます。

単糖が3個から10個くらいつながったのが「オリゴ糖」です。

 

単糖の数が10個以上つながっているものを「多糖類」と呼びます。

 

多糖にはエネルギーを貯蔵する役割もあります。

穀類やいも類などの植物に含まれているでんぷん

動物の筋肉や肝臓などに存在するグリコーゲンがあります。

多糖には、単糖が1万個以上つながったものもあります。

 

この単糖がつながっている数が多ければ多いほど吸収に時間がかかり、(つながりが全部ほどけて吸収されるため)

単糖が少ないほど、早く吸収されます。

 

早く糖質が吸収される=血糖値が急激に上がる

ゆっくり糖質が吸収される=血糖値が穏やかに上がる

 

甘み、糖質は、日常生活では、できる限りつながっているものを摂るようにした方が、

血糖値の変動が穏やかになり、ホルモンバランスも安定することで、

集中力がアップしたり、情緒不安定にもなりにくいのです。

 

なので、お砂糖たっぷりのお菓子やケーキ、飲み物は、もちろん情緒不安定、そわそわ、

集中力が欠如・・・その上一気に入ってきた糖分を分解するためにビタミンやミネラルも一気に使われます。

 

調味料に関しては、ちょっとくらい砂糖を使った程度でホルモンバランスが崩れるとはいいませんが、

「甘い味」に慣れてしまうのは考えもの。

 

素材の味を楽しむためにも、適度に使ってあげるのが良いと思います^^

 

砂糖の代わりに使っている天然調味料に関しても、また記事にしたいと思います✨

あ、写真にうつってる醤油に関してもウインク

 

もちろん本物の本みりんもおすすめですが、

味の母は安くて、なんでもおいしくなるので、おすすめでーすニヤリ乙女のトキメキ

 

参考→味の母HP

味の母1.8L

味の母720ml

かつおぶし粉

だしとりの時間が作れない時のこの子✨

{CE1E2881-FBD2-4A71-A4B7-4E2E0DBA1AE7:01}

 

 

 

#かつおぶし粉

わたしは昆布とかつおぶしのおだしが大好きです🙌

にぼしもしいたけも、時にはやりますが、やはり昆布と鰹節がNo.1😚

とはいっても、

昆布も、にぼしも、しいたけも、水に浸けておけば良いので楽ですが、

鰹節はお湯を沸かしてから煮出す、という作業をしなければならないので、少しだけ面倒です。

昆布は常に水に浸けておくようにしているので昆布だしはあるのですが、だしは1種類よりも2種類にすることでなんと旨味が7倍に!!

1+1=7😳

1+1がまさかの7です。

もちろん、鰹節でちゃんととったお出汁の方が美味しいのは確実なのですが、

こどもが今すぐに飯を!

旦那さんがもう帰ってきちゃう!

私がもうおなかすいて我慢ができない!

なのにお出汁ストックがない!!

なんて時に使えますね。

かつおぶし粉は、もちろん出汁としてでなく、冷奴にかけたり、和え物に入れたり、鰹節として使えます。

あとは、よく、味見をして何かが足りない…でも味の濃さは十分だ…なんてときありませんか?

そんなときにこれを一振り!してみると美味しくなることも^ ^

だしの素は使わない!この味になれてしまったら、本物の美味しさがわからなくなります。

食べることが資本なアスリートにとって、味覚はとっても大切です!

*

うちの娘もおみそ汁がだーいすき!

{DFC4D20A-104E-4863-837A-7F61E61940D8:01}

みそ汁inコップw

だいたい飲めてませんが、自分で飲みたいと頑張っています(笑)

 

ぜひ本枯れ節のかつおぶしを。

あ、ちなみにかつおぶしって発酵食品ですよー🙌

のどの痛みに効きそうな・・・!

娘の風邪をもらって、扁桃腺が腫れてしまいましたチーン

 

突然ですがわたしは長野出身なのですが、

大学の時に神奈川県に出てきました。

 

今まで生まれ育った海がない乾燥地帯から海の近く(鎌倉)に引っ越した影響か、

湿気ですぐに体調をくずしてのどの炎症を起こしてしまい・・・

大学生の時は何度も声が出なくなるほどの炎症を。。。

 

そのせいでなんか声変わりしました(笑)

もっとキャピキャピした声だったのに〜〜〜w

 

と、なんの話かというと、風邪とかをひくとのどがやられてしまうことが多いんですゲロー

 

そして今回ものどが痛いんですが、

自然療法で治したいし、今までの経験から、

のど飴もうがい薬もただのはちみつをなめただけでも、何も効かない!!!

 

れんこん湯も、あんまり効いた試しないな〜という感じだったんです。

 

そして今回、ナチュロパティ、自然療法というキーワードで、

すぐに取り組めてやれることをやってみよう!と思い、試してみました。

のどにいいものブレンド茶(仮)w

入れたものは、

・生の生姜

・シナモンスティック

・クローブ

・蓮根粉末+生姜粉末

・シークワサー果汁(レモンがなかったため)

・マヌカハニー(UMF20+)

 

いろんなところでのどに良いと言っているものをブレンドしまくりました!!!笑

 

海外の食事療法はスパイス+ジンジャー推し。

日本の食事療法はれんこん+生姜推し。

どちらもはちみつは飲みやすくするためにも入っている…!

 

わたしは殺菌効果の強いマヌカハニーを常備しています。

(マヌカハニーはアイハーブで安く買えるので、効果の高いものをレビューなどを見て買ってみてください。(わたしは3、4年前にカルディで購入したものがまだ残っています。笑 またマヌカハニーの詳しいことはブログにも書こうと思います!)

 

それを使って飲みやすく。

 

分量はもう適当なんですが、

覚書として、

・お湯350cc

・シナモンスティック4cm

・クローブ4,5粒

→3分くらい煮出す。

 

・蓮根粉末+生姜粉末を大さじ2/3

・生姜すりおろし小さじ1/2

・シークワサー果汁小さじ1

・マヌカハニー小さじ1

→カップに入れておく。

 

上記のお湯をカップに注ぐ。クローブは飲まないように。w

シナモンスティックは何度か使い回しできます。

 

飲んでみたら、なんか効いている気がする!!!

 

だいぶのどが楽になった〜〜!

 

BUT !!!

風邪はひいてからこうやって対処するよりも、ひかないように、免疫力をつけておくことが大事!

風邪はうつした方ではなく、うつされた方が悪いという精神で、

あーうつされてしまったかー、日々の健康管理が足りなかったーチーンと反省しています。。笑

 

これで少しよくなるといいな!!!

 

あ、スパイスとマヌカハニーはカルディ、蓮根粉末はナチュラルハウス、生の生姜は成城石井で購入しました!

 

 

 

スポーツ栄養ガイドラインの勉強会に!

有明のドーム社にて、

2016.3に発表されたスポーツ栄養のガイドライン、Nutrition and Athletic Performanceの解説とドーピングに関して学んできました📖

このガイドラインは、栄養と食事のアカデミー、カナダ栄養士会、アメリカスポーツ医学会が各々の学会誌に掲載した共同見解声明です。

A joint position paper between the Academy of Nutrition and Dietetics, Dietitians of Canada and the American College of Sports Medicine.

 

これを今回順天堂大学の鈴木良雄先生らが日本語訳し、日本語版のガイドラインを制作して下さりました。

 

Amazonで手に入るので、欲しい方はこちらからどうぞ✨

New Diet Therapy誌 別冊『栄養とアスレティックパフォーマンス』

 

信頼性の高いエビデンスに基づき、作成されたこちらのガイドラインは、

アスリートに特化した、スポーツ栄養のための食事摂取基準です。

 

ここでいう信頼性の高いエビデンスは、すべて人の実験でラットの実験などは含まれていません。

アスリートに対しての研究は、被験者が研究対象になりにくいことなどから、

エビデンスがなかなかとれていないのが現状。

しかもトップになればなるほど、研究対象とされることは難しいでしょう。。

 

そのためまだまだ未知の部分も多いですが、

こういったガイドラインが作成されていくことはアスリートたちにとってもとても喜ばしいことですね!!

私も、他のスポーツ栄養士さんも、「基準」とするものが曖昧すぎて迷うことも多かったハズ。。

(だからこそ、スポーツ以外に、人の体のことや様々な分野に関しても勉強してきたわけですが・・・)

 

このガイドラインに書かれている最初のガイドラインの方向性、考え方がとてもウンウンとうなづけることばかりだったので、少しばかりシェアさせてくださいおねがい

 

1、栄養の目標と必要量は静的ではない。栄養サポートも日々のトレーニングセッションと全体的な栄養のゴールを考慮した上で期分けする必要がある。

 

→それぞれの種目のトレーニングに関しての知識が必要。

 

2、栄養計画は、競技、パフォーマンス目標、練習課題、食志向、様々な戦略への応答に対する特殊性や固有性を考慮して、アスリートごとに個別に設定すべきである。

 

→だからパーソナル指導が一番したいんだよなぁと思う。チームで1人の栄養士だと、ここがまた大変。

 

3、トレーニングにおける栄養戦略の重要なゴールは、効率的で柔軟な代謝ができるよう、身体を適応させることである。試合における栄養戦略は、試合に必要なエネルギー源を身体に貯蔵させ、認知機能をサポートするのに必要な量を提供することが重要課題である。

 

→ちょっと難しいですね!効率的で柔軟な代謝・・これですこれ。これがほんとに重要。代謝をまわしてエネルギーを効率的に作るということ。

 

 

などなどなど・・・11こ続きます。

続きは購入して下さい。笑(回し者ではございませんw)

 

アスリートといっても、ひとくくりにはできないこと。個人によって合うもの合わないもの好きな物嫌いな物があること。環境や状況によっても対応していかなければならないこと。

その上で栄養サポートする側と選手本人との理解や信頼関係が重要であること。

 

やればやるほどその考えが大きくなってきました。

 

だからこそ、万人に共通する食事法はないわけで。

その人のことを何も知らない状況で、質問にこたえるのはなかなか難しいのですチーン

 

といっても稼がないかんからね。笑

柔軟な対応も必要。

 

私はガチガチな頑固なところがあるのですが笑、そこもだいぶやわらかく。。なってきた。。かな?笑

 

すべては、選手やこどもたちがパフォーマンスを高めることができて、

有意義な時間を過ごしてもらうことが目的。

スポーツ障害で苦しむこどもたちを少しでも食事で助けてあげられればと。

 

まだまだまだまだ勉強が足りない!

経験が足りない!

 

がんばりますぜ〜ニヤ

 

髪切りましたウインク

 

***

 

栄養サポートのご依頼はこちらから乙女のトキメキ

 

インスタも見てねおねがい